TOP > 受託 > 医療用・一般用医薬品

医療用・一般用医薬品 岩城製薬株式会社の医療用・一般用医薬品の受託開発について、特長などをまとめています

製剤設計から生産まであらゆる受託に対応します

軟膏剤・クリーム剤・ローション剤・液剤等の製剤設計や製造でお困りではありませんか?

長年にわたる皮膚外用剤の研究およびさまざまな剤形に関する技術の蓄積により、
製剤設計から生産まで自信をもってご提供させていただきます。
特に、乳化系製剤のクリーム剤やローション剤では、
主成分によってさまざまな基剤処方が必要です。
基剤は、分離しやすいことから、長年にわたる乳化系製剤の研究により
安定化技術を確立しております。

多品種少量生産から大量生産まで対応できます。
また、治験薬GMPにも対応いたします。
処方検討、実生産以外でもご相談ください。


岩城製薬

製剤技術について

技術開発力

一般名 製品名 メーカー 軟膏 クリーム ローション
ジフルプレドナート スチブロン 岩城製薬
標準薬    
クロベタゾン酢酸エステル パルデス 岩城製薬
標準薬      
デキサメタゾン デキサメサゾン 岩城製薬
標準薬      

製剤技術

皮膚外用剤 剤形 技術 備考/製剤
軟膏剤 分散 成分の安定性・有効性(皮膚透過性)により様々な分散方法を選択します。
使用感 硬さや伸びで使用感は大きく異なります。最適な使用感を目指せます。
クリーム剤
ローション剤
液剤 
O/W型、W/O型基剤 クリーム剤はいずれでも可能です。
基剤安定性 長年にわたる乳化系製剤の研究により、安定な基剤選定技術を確立しております。
分散 軟膏剤と同様に成分の安定性・有効性(皮膚透過性)によりさまざまな分散方法を選択します。
使用感 硬さや伸びで使用感は大きく異なります。最適な使用感を目指します。
内服剤 錠剤 素錠、フィルムコーティング 抗アレルギー剤、緩下剤、頻尿治療剤、抗不安剤、ビタミン剤、合成抗菌剤 ほか
トローチ剤 口中殺菌剤
液剤 鎮咳剤
シロップ剤 鎮咳剤

受託実績

軟膏 製法検討および治験薬製造受託
ローション 製法検討および治験薬製造受託
軟膏
新規添加剤含有クリーム
製剤化検討
処方検討、規格および試験方法設定、安定性試験
配合(有効成分4種)ローション
製剤化検討
規格および試験方法設定、安定性試験、実生産薬製造
新規添加剤含有クリーム
配合(有効成分4種)軟膏・クリーム
製剤化検討
製法検討、規格および試験方法設定、安定性試験、実生産薬製造
配合(有効成分4種)軟膏・クリーム

受託対象

受託対象
岩城製薬は、長年にわたる皮膚外用剤の研究およびさまざまな剤形に関する技術を蓄積しています。成分の性質等を考慮し、最適な基剤と製法を選択いたします。
有効成分の化学的安定性はもちろんのこと、製剤の物理的安定性、外観、使用感、有効性等の全てを考慮して設計します。
皮膚外用剤に関しての生産・研究について一度ご相談ください。

受託可能剤形

皮膚外用剤

処方設計
軟膏(溶解・分散)
クリーム(O/W、W/O)
ローション(O/W、W/O)
外用液
ゲル
ゾル
治験薬
軟膏(溶解・分散)
クリーム(O/W、W/O)
ローション(O/W、W/O)
外用液
ゲル
ゾル
実生産
軟膏(溶解・分散)
クリーム(O/W、W/O)
ローション(O/W、W/O)
外用液
ゲル
ゾル

内用剤

処方設計
内用液
散剤
錠剤
OD錠
治験薬
内用液
散剤
錠剤
OD錠
顆粒
実生産
内用液
散剤
錠剤
OD錠

試験・評価について

以下の各項目について、試験・評価を行っております。

  • 安定性試験(測定:温度 -80~60℃、光、湿度)
  • 保存効力試験
  • 生菌数試験
  • 吸収性評価(透過性、放出)
  • 物性評価(粘度、展延性、稠度、検鏡)

設備紹介

蒲田工場

主要設備

  • ローション充填機
    ローション充填機
  • 錠剤をPTP包装する最新鋭の充填機

    錠剤をPTP包装する最新鋭の充填機

  工程 設備
固形製剤 造粒 撹拌造粒機
整粒 破砕型整粒機
乾燥 棚式乾燥機
混合 V型混合機
打錠 打錠機
フィルムコーティング 通気式錠剤コーティング機
検査 錠剤検査機
充填・包装 粉末充填ライン
PTP充填・ピロー包装ライン
液剤・半固形製剤

調製

溶解槽

ストレージタンク
真空乳化機

充填・包装

ローション充填ライン
チューブ充填ライン
タックラベラー
カートニングライン
シュリンク包装ライン

受託の流れ

処方検討担当者が治験薬製造、製造トライアル等を担当し、安全かつ確実に処方確立、製造導入を行います。

岩城製薬受フロー図